ウォーターサーバーのレンタルが安い

ウォーターサーバーを宅配業者ごとに比較

ウォーターサーバー

 このサイトは、家庭やオフィスなどでウォーターサーバーのレンタルをお考えの方のために、料金や性能・水の種類・宅配区域などいろいろな角度から比較しています。ほとんどのウォーターサーバーは、レンタル料金やメンテナンス料が無料となっているのでたいへんお得です。支払うのは水の料金だけです。また有料の業者でも毎月の料金は600円程度かかりますが、その分、水の料金が安いのでどちらにするかは使用頻度など考察して選択されるといいでしょう。

 

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーのメリットはいくつもあります。

  • おいしい水がいつでも好きな時に飲める。
  • 重いペットボトルを買いに行く手間が省ける。
  • サーバーのレンタル料金が無料。
  • 温冷水が付いてるのでいちいちお湯を沸かす手間がない。
  • ミネラルウォーターをよく飲む人にはペットボトルを買うよりも節約になる。
  • 空気が入りにくい構造になっているので開封後すぐに飲みきらなくても水が傷みにくい。
  • ペットボトルと違い、冷蔵庫のスペースをとらない。
  • 月々の電気代は約1,000円でポットと同じ値段で便利な機能がついている。

 

 もちろん、ウォーターサーバーにもデメリットはあります。それはやはりサーバーを置く場所ではないでしょうか。狭い部屋だと置く場所に困りますよね。でも最近は卓上型の小さいウォーターサーバーも出ているので昔ほど置く場所に困ることもないようです。

ウォーターサーバー人気ランキング 2018

フレシャス

フレシャスの特徴
お洒落なウォーターサーバーを求めるならフレシャスで決まり!水サーバー業界でも唯一のグッドデザイン賞受賞で、リビングやお店にオシャレなインテリアとしてもピッタリで、お部屋の雰囲気やお好みに合わせてカラーが選べます。宅配される水も富士山の標高1000mで採水したバナジウム入りの天然水(ナチュラルミネラルウォーター)なので美味しく健康的で人気があります。電気代も3つの省エネ機能搭載で驚くほど安いです。大人気漫画のワンピースともコラボしているので、ワンピースデザインのウォーターサーバーもレンタルできます。
レンタル料金
0
評価
評価5
備考

コスモウォーター

コスモウォーターの特徴
コスモウォーターのミネラルウォーターはすべて産地自社工場で充填し新鮮な状態で無料宅配しています。飲み終わったボトルは簡単にひねりつぶせるので場所もとりません。
レンタル料金
0
評価
評価5
備考

アクアクララ

アクアクララの特徴
アクアクララは、30万人の方に愛飲されている業界ナンバー1のシェアを誇るウォーターサーバーです。独自のスピーディな宅配システムを全国に完備しているので、お電話一本でご自宅へおいしい水をお届けします。アクアクララでは、いつでも温冷水が楽しめます。空になったボトルは次回の配達の際に回収するので、ゴミ捨ても不要。
レンタル料金
1,050
評価
評価5
備考
アルピナウォーターの特徴
アルピナウォーターは何層にもわたるとても目の細かい膜でろ過され、純度が高くクラスターの細かいお水なので、水分補給やお料理に最適なピュアウォーターです。溶解率が高く、赤ちゃんに与える粉ミルクなどの成分を損なわず、安心してお使いいただけます。
レンタル料金
600
評価
評価5
備考
クリクラの特徴
クリクラの水サーバーは、NASAやオリンピック村でも採用されている技術で一般の浄水器では除去できない環境ホルモンまでもしっかり除去します。このピュアになった水にミネラルをプラスしてできるのがクリクラの水です。なので適度なミネラルバランスで、赤ちゃんにも安心。まろやかなおいしさが口コミでも評判です。
レンタル料金
0
評価
評価4
備考
オーケンウォーターの特徴
CMでおなじみのオーケンウォーターは、「富士のバナジウム天然水」「京都丹波の銘水」「大分天領の銘水」からミネラルウォーターが選べる人気のウォーターサーバーです。水が減るのにしたがって容器も小さくなっていく新設計のボトルを採用。ボトルは、返却無用・使い切りのワンウェイ方式なので衛生面でも安心です。またチャイルドロック付きなので、お子様がいるご家庭でも安心。
レンタル料金
0
評価
評価3
備考
ワンウェイウォーターの特徴
ワンウェイウォーターは、安全性を極限まで追求した次世代型の無菌エアーシステムを搭載しました。またワンウェイ方式の宅配システムなので専用ボトルはリサイクルとしてゴミ処理ができるため、終わった容器が邪魔にならず、使い捨てなので衛生的にも安心です。サーバーも5色から選べます。
レンタル料金
0
評価
評価3
備考

ウォーターサーバーが安心で安全な理由

家庭用のウォーターサーバーが人気の理由は、安心で安全な水を家庭で飲用水として利用することが出来るからです。

 

日本はまだまだ水が安全だと言われていますが、それでも東京都内はカルキ臭さの強い水となっており、子供に飲ませるには少し不安を感じているご家庭も多いようです。

 

そこで、家庭用ウォーターサーバーを導入することによって安心で安全な飲料水を子供に飲ませることが出来るようになります。

 

お水の種類は天然水や不純物が取り除かれた安全なRO水など目的と予算に合わせて選ぶことが出来るようになっているのです。業者によっては無料でウォーターサーバーを貸し出してくれるところもあるので、月々のコストを抑えることが出来るのが魅力です。

 

今まではウォーターサーバーはコストがかかるというイメージが強かったものの、最近では安心価格で利用することが出来るようになってきました。その背景には、特に都内において利用者が急増していることから比較的手頃な価格で利用することが出来るようになったのです。

 

水は毎日口にするものだから、できるだけ安全なものを選びたいというお客様の声に答えるべく、天然水や不純物を取り除いたRO水などが用意されています。

 

サーバーのレンタル料が無料の業者であれば、コストはお水代のみとなるので月々4千円程度で利用することができます。500mlに換算すれば、たったの60円ほどのコストなので、ペットボトルの水を購入するよりもお得です。

 

赤ちゃんがいる家庭におすすめ

昨今は各家庭がミネラルウォーターを購入するという事が一般化しましたが、生まれたばかりの赤ちゃんを育てている家庭では水道水やミネラルウォーターではなくウォーターサーバーを導入してミルクなどを作った方が良いです。

 

その理由はペットボトルなどに入れられてスーパーマーケットなどで販売されているミネラルウォーターに比べて検査基準が厳しく設けられており、数多くの検査項目を合格したもののみが各家庭に定期的に届けられるためです。

 

そのように、担当のスタッフが定期的に届けてくれるというのも赤ちゃんを育てている家庭がウォーターサーバーを選ぶべき理由の一つでもあり、ミネラルウォーターのように重たいペットボトルを高い頻度で購入し自宅まで運び入れる必要が解消され負担が一切無くなる事が理由です。

 

また、赤ちゃんのミルクを作る時には冷たい水では粉末が固まってしまうので人肌に温めて作る事が求められますし、人肌に温めなければ赤ちゃんが嫌がって素直に飲んでくれません。
ウォーターサーバーは蛇口のスイッチやレバーに触れるだけでいつでも冷たい水と湯の両方を出す事ができるので、ミルクを作る時の手間が圧倒的に軽くなります。

 

食欲旺盛の赤ちゃんはもちろんですが、生まれて間もないとは思えない程のミルクを1日のうちに多量に飲用するので、ウォーターサーバーによりいつでも人肌に温められたミルクが作れるというのは子育て家庭にとって大変頼もしく、親の水分補給も美味しくなりメリットが多々あります。

 

一人暮らしにもウォーターサーバーはおすすめ

安全を考えて赤ちゃんがいる家庭で人気があることは知られているかもしれませんが、一人暮らしの人にもウォーターサーバーはとても人気があります。日本では水道水をそのまま飲めるくらい安全性が高いのですが、水を買って飲む習慣が付いています。いちいちペットボトルを買うのは大変ですが、ウォーターサーバーならば定期的に水を送ってもらえるので忙しい一人暮らしの人に向いています。

 

災害が多い国ですから、水の備蓄という意味合いもあるでしょう。使いながら備蓄できるので、いつ災害が起こっても水には困りません。停電になってもボトルから直接水を移せば良いのでどんな時にも役に立つはずです。

 

電気を使ってすぐに冷水が使えることはもちろんですが、熱湯もすぐに使えます。冷水と熱湯の両方が使えるので、喉が渇いたら冷水を飲み、料理の時に熱湯を使えます。一人暮らしだと時間がない人も多いので、お湯を沸かす手間がいらないのは時短になるので便利です。

 

一人暮らしの住まいは、決して広くはないかもしれません。あまりスペースがなくてもウォーターサーバー自体がコンパクトサイズなものもあるので広々とした家じゃなくても利用できます。

 

このように様々な理由が考えられます。特に、熱湯がすぐに使えることは大きいかもしれません。料理はもちろんですが、お茶やカップラーメンを作る時にも使えます。家事を一人でやらなくてはならない一人暮らしに人気があるのも納得できるでしょう。

電気代について

 ウォーターサーバーの電気代についてですが、どこの会社も1ヶ月に平均で約1,000円かかると言われています。もちろん使用頻度やコンセントを抜いておくと安くはなりますが電源を入れることで衛生を管理するシステムが働くので電源は常に入れておいたほうがいいでしょう。やかんなどでお湯を沸かす時に使う時のガス代のことを考えるとそんなには変わらないはずです。ウォーターサーバーは水を出すだけならば電気はかからないのですが、冷水を作ったりお湯を沸かすときにエネルギーをたくさん使うので電気代がかかってしまいます。冷水を作る場合は、水を使う量にもよって変わってきますが、一日数円程度の電気代ですみます。お湯をあまり使わない場合は、お湯を沸かす機能を停止しておけば余計な電気代を使わなくてすむので節約になります。

お住まいの地域で探す

 

北海道東北 北海道 | 青森 | 秋田 | 山形 | 岩手 | 宮城 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 栃木 | 茨城 | 群馬 | 山梨
北信越 新潟 | 長野 | 石川 | 富山 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
近畿 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国 岡山 | 広島 | 鳥取 | 島根 | 山口
四国 香川 | 徳島 | 愛媛 | 高知
九州沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄
トップへ戻る